院長の挨拶

山下院長

はじめまして。麻の葉動物病院 院長の山下と申します。

私は幼い頃から動物が好きで物心がついた時から一緒に暮らして来ました。
獣医師になろうと思ったのは、中学生の時にずっと一緒だった愛犬、ビッキーが亡くなってしまった時です。
当時私は何もしてあげることが出来ず、とても悔しい思いをしました。どうにか病気の動物を助けてあげたい、力になってあげたい、その思いから私は獣医師になる事を決意しました。

獣医大学では、獣医放射線学研究室に所属し、レントゲンの読影から超音波検査の方法、大学病院の診療補助など大変多くの事を学ばせて頂きました。また、恩師となる先生方と出会う事が出来、沢山叱って頂きました。

獣医大学卒業後は、横浜市港北区の藤井動物病院にて藤井康一先生の指導の下、勤務をして参りました。
最新の医療機器が揃う病院で、診察に対する考え方、治療方針の立て方、処置・手術の技術的な指導まで沢山のことを教わりました。また、それ以上に大切な飼い主様、動物に対する真摯な姿勢を学ばせて頂きました。多くの動物達を診察させて頂き、動物達からはもちろん、飼い主様からも本当に沢山のことを学ばせて頂きました。現在、動物病院の数はとても多く様々な病院がありますが、臨床一年目から藤井動物病院で学ばせて頂いたことは誇りに思うと同時に、現在の私の獣医師としての自信にも、繋がっています。

この度、越谷レイクタウンのお隣、武蔵野線:南越谷駅(東武スカイツリー線:新越谷駅)にて麻の葉動物病院を開院することとなりました。

今迄の獣医師としての経験を活かし、そして日々より良い獣医療を提供させて頂く為に努力をしながら、越谷市、草加市、吉川市、さいたま市など地域に根付いた動物病院として動物達、飼い主様のトータルケアを行って行きたいと考えています。

麻の葉動物病院とは?

麻の葉という名前は、日本の伝統的な模様である麻の葉模様から付けています。
この麻の葉模様には魔除けの意味があり、古くから赤ちゃんの産着の模様として使われてきました。また、麻はすくすくとまっすぐに育つことから、赤ちゃんが元気に育つようにという意味が込められています。

この模様の意味にあやかって、動物達が元気に育つようにという祈りを込めて病院の名前に掲げる事としました。
「動物達が産まれたときから、亡くなってしまうまで」いち獣医師として、そして人間として、ご家族と動物達が素敵な暮らしを送れる様手助けをしたい。そんな思いがこの麻の葉という名前に込められています。

当院では、動物達の診察の他に、獣医師の管理のもとトリミング、ペットホテルも運営しています。
ご利用の際には入院動物とは隔離し、獣医師の衛生管理のもと責任を持ってお預かり致します。
トリミング、ペットホテルでお預かりする際には必ず獣医師による健康状態のチェック(無料)を行います。その上で、皮膚の状態や被毛の状態に合わせたケアをご提案させて頂きます。高齢動物や、病気を抱えている動物などもご家族とご相談の上お預かりすることが可能です。

獣医療、トリミング、ペットホテルを含めたトータルケアを地域の皆様にお届けしたいと考えています。

動物取り扱い免許について

第一種動物取扱業登録証 第69-0237号
事業所の名称 麻の葉動物病院
事業所の所在地 埼玉県越谷市南越谷1-26-12
登録に係る第一種動物取扱業の種別 保管
動物取扱責任者の氏名 山下啓吾
登録年月日 平成26年9月3日
有効期間の末日 平成31年9月2日

近隣公園情報 南越谷駅・新越谷駅・蒲生駅付近

1)南越谷第1公園
とても広くて一面が芝生なので、 わんちゃんと思い切りボール遊びが楽しめます!
桜のシーズンになると、周囲に植えられた桜が満開になりとても綺麗です。
昼間は子供も多いので、朝と夕方のお散歩がオススメです。蒲生駅と新越谷駅の間にある公園です。


Copyright(c) 2014 麻の葉動物病院. All Rights Reserved.